大切なペットが亡くなったらペット葬儀を行おう

ペット葬儀を行う飼い主の方が増えています

家族の一員

日本では、犬や猫といったペットを飼っている家庭は少なくはありません。
また、最近では一人暮らしの女性や高齢者の方の家でペットが飼われる事が多いです。
しかし、ペットも人間と同じで命があり、この世に生を受けたからには、最後には死を迎える運命となっています。
人間が亡くなった場合は、お通夜が行われて葬儀が開かれ、そして最後は火葬などが行われて、故人との最後の別れを偲びます。
そして最近では、大切な家族の一員である犬や猫が亡くなった時も、人間と同じように葬儀が行われるようになっています。

人間と同じように

女性とチワワ

ペットの葬儀の事をペット葬儀と呼び、人間と同じような葬儀が行われます。
最近では、ペット葬儀を専門的に扱っている葬儀会社もあり、ペット葬儀は今やペットを飼う飼い主たちにとってごく当たり前のものとなっています。
ペット葬儀の流れは、亡くなったペットを葬儀会社が迎えにきてくれ、人間の葬儀のように棺のようなものに入れてくれます。
そして、そのまま火葬場などに連れて行き、人間の火葬と同じようにペット火葬が行われるのです。
勿論、火葬をした後は遺骨を骨壷に納めたりするところもあるので、ペット葬儀は人間の葬儀と全く一緒なのです。

心を込めて見送る

天に召される

一生を飼い主の為に捧げ、どんな時でも飼い主の為に生活を送ってくれたペットとの最後の別れは本当に辛いです。
しかし、最後の最後まで飼い主の手によって見送ってもらえれば、ペットたちも心から成仏することができますし、また新しい形として飼い主たちの元へ戻って来てくれます。
ですので、ペットを飼っている方は、ペットが亡くなった際はペット葬儀を行うことをオススメします。